さしすせそ

f0164091_16394596.jpg
さしすせそが言えないseiyaくん。
さ行がた行になってしまうのです。。
先生が「てんてい」。
お魚が「おたかな」。
おやすみなさいが「おやつみなたい」。

3歳児検診に持っていく問診表の気になることの欄に
「言葉がはっきりしないのが気になる」と書いたら
「念のため聴力の精密検査をしましょう。」と言われ
大学病院で睡眠薬で眠らせた状態で脳波の検査をした事もありました。

5歳くらいになると、大人との会話が出来るようになり
なんとか治してあげたいと思う周りの気遣いから
間違っている言葉を言い直されるようになり
それが彼にとってストレスと感じるようになってきて

・・・何とかしなければ。
と思い、治せる方法を調べてみました。

『指で舌を押えて「さしすせそ」とゆっくり3回朝晩言う。』

というのをやってみました。
効果は1日で出て、1週間後にはハッキリさ行が言えるようになったのです!!!
あとは言い慣れてしまってる言葉を本人に気付かせ
言い直させれば、どんどん言えるようになりました\(^o^)/

今の課題は「ざじずぜぞ」。。
ぞうさんの絵を描いた脇に「どう」と書いていました(^_^;)
ザ行も治るかしら・・・?

来週末にはtabasaの断乳です。
3日くらい寝られない日々が続くという噂です。。
恐怖だわ・・・。

写真はTDLモノレールの吊り皮です。カワイイ♪

*追記1
毎月の検索ワードに
「さしすせそ 言えない」
というのが毎月何件かあるので
seiyaのその後をお知らせします。。

あと2か月で6歳になりますが、
さ行は完璧に聴き取れます。ザ行も大丈夫です。
↑の練習をした期間は約2週間。
その後は思うように発音出来ていない言葉を
本人に伝え、何度か練習するうちに直っていきました。
少しの努力と注意で直ることが
本人にとってすごく自信になり、
素直に聞き入れてくれるので
やってみて良かったです。

*追記2
只今6歳4か月。
若干「し」が「ひ」に近い発音だったのですが
先日下の前歯が抜け、
気になるから舌を抜けた歯の間に入れながら話していたらしく
突然、自然な、完璧な「し」になりました♪
こんなことがきっかけで言えるようになるんですね!
オモシロイ♪

*追記3(2011.10.17)
兄に続き、妹もさしすせそが言えない我が子。
舌を押さえての発音練習をさせていたのですが
指が濡れるのを嫌がり、あまり治らないまま5歳のお誕生日を迎え
同時に下の歯が抜けたのですが
やはり抜けた隙間に舌をはさんでいたので
そのままの状態で「さしすせそ」を言わせたら
完璧なさしすせそになっていました☆
[PR]
by juju_c | 2008-09-18 13:29 | ひとりごと
<< イクサ TDL >>